FC2ブログ

光の中で



N0307440.jpg

N0307331.jpg

N0400785.jpg

N0400579.jpg

N0400856.jpg

N0400395.jpg

伯方島三島神社






しまなみ海道 写真集3部作

写真集「しまなみサイクリング日和」

写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ―船長が撮るふるさとの子どもたち」



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



光の中

散歩道

タヌキと遊んだ日

サンタからのプレゼント

散歩道

オールドレンズ Super Takumar 55mm F1.8 フレア、ゴースト 作例多数

スーパータクマー55mmF1.8というオールドレンズを2週間ほど試してみました。被写体は主にペット、犬猫です。

オールドというぐらいですから、昔のレンズです。私の年齢と同じぐらいです。

当時、カメラを買ったら付いてくるキットレンズだったらしく、中古市場では大量に出まわっており、5000円前後で購入できます。

特徴は、白っぽくなるフレアや、光の玉のようなゴーストが出まくりです。

どんなレンズでも太陽のほうに向けるとその傾向にありますが、現在はフレアやゴーストが出ないように各メーカーで日夜研究されています。

ピントはマニュアルフォーカス、現在主流のオートフォーカス機能は付いていません。

私が使ったのは、初期型で、絞りも3.5以上は絞れません。故障です。でもそれでもいいのです。
もちろんズームもありません。

一般には使いにくいマニアックなレンズですが、私にとっては面白いレンズでした。

レンズにもいろいろな種類があり、遠くを撮る望遠レンズ、広く撮る広角レンズ、被写体の後ろがボケやすいレンズ、近くを撮るレンズといろいろあります。
フレアやゴーストが出やすいというのも、ひとつの特徴として捉えると、写真の幅が広がるように思います。


近づいてくる犬はマニュアルフォーカスのため、ピント合わせがちょっと難しいです。


太陽を入れると、フレアやゴーストが盛大になります。
SEI02944.jpg

猫は気まぐれ、それが面白いところです。
SEI02844.jpg

ジャックラッセルテリアという犬種は動きが激しいので、止まった一瞬を逃さないように。
SEI03178.jpg

後ろのボケも特徴があります。
SEI03457.jpg

SEI03224.jpg

SEI05646.jpg

ちょっとした角度で、フレアやゴーストが変化します。
SEI04606.jpg

太陽から40度ぐらいカメラを振ると、虹色のゴーストが出ます。
SEI04457.jpg

SEI05287.jpg

SEI03806.jpg

月明かり
SEI07125.jpg

車のライト
SEI03696.jpg

ゴーストを使った手法はテレビではよく見かけます。
ギラギラした太陽を表現する時など、よく用いられています。

オールドレンズ Super Takumar55mm F1.8 他の作例はこちらからどうぞ








しまなみ海道を舞台とした写真集3部作

写真集「しまなみサイクリング日和」

写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ―船長が撮るふるさとの子どもたち」



にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村


お気に入りの場所

夕暮れ時

干潮の朝

プロフィール

麦わら

  • Author:麦わら
  • しまなみ海道伯方島から、何気ない日常をお伝えしています。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー