FC2ブログ

誕生日 最高のプレゼント



IMG_8154.jpg


言葉にできない






娘の作文

「バイバイ」

もう、お父さんが船から下りて、家に帰ってきてから、1ヶ月がたった。
お父さんは、船のお仕事で3ヶ月、海に行ってしまう。
3ヶ月も海でお父さんだけがくらすというのは、わたしはいやだ。

お父さんが行ってしまう1時間前になった。
わたしは、かばんにハンカチを入れて、お父さんが帰ってきたときのおみやげも
かばんに入れた。

15分前、いよいよ車に乗った。
わたしは、心の中できめた。
「お父さんの前では、なかない!」
決めたことなんだから、ぜったい守る。

いよいよ、バスていにつき、3分前になった。
まだお父さんが行ってもないのに、むねがいたい。
がまんして、ハンカチを用意する。
ポケットに手を入れた。その手は、強くにぎっている。

いよいよ、バスが来た。
来たしゅんかんに、なみだが出る用意をしているようだ。
心の中で思った。
「じゅんびしなくてもいいのに・・・・・」

けど、お父さんの前では、なかない。
お父さんが、いよいよバスに乗りこんだ。
手をふっている間に、楽しかったことを思い出す。
おの道に行ったことや、こうようを見に行ったこと・・・・
思い出すたび、なみだがだんだんいっぱい用意を始める。

インターチェンジに行ったしゅんかんに、なみだが
フライングするように出てきた。
なきながら、今度は、お母さんの方へ行く。
お母さんの服に顔をうずめ、うじゃうじゃなく。
15分後、泣きながら思った。
「お父さん、よいお年を・・・・。」
と・・・・・。




地元のうしお(文集)1月28日号より





海辺の散歩道



IMG_7896.jpg

IMG_8075.jpg






子育ての教科書



相田みつをさん、佐々木正美さん
「育てたように子は育つ」

「みんなほんもの…」
「待つ…」
「遠くから…」
「そのままで…」

など、読めば読むほど心に響く。


08101m.jpg






雨の日には

IMG_7702u.jpg

IMG_7743.jpg

IMG_7728.jpg













魔法の言葉

子供の写真の撮り方

休日にお出かけして、いい景色に出会うことかあります。
せっかくなら子供も一緒に撮りたいですね。

そのとき、まずすることは、
心ひかれた風景、景色が入るようにカメラを構えます。
そして子供がここに入ったらいいなーなんて考えます。

その時かける言葉は、
「ここに立ってー、はーい、こっち向いてー」
というのはよく見かけます。

子供の写真を撮る時、挑戦してもらいたい言葉があります。
かける言葉によってまるで違った写真になります。

それは
「よーい、どん」
です。
私はよく使います。

考えただけで、全く違う写真になることが、想像できると思います。

普段から一緒に走っていたら、子供は面白がって一生懸命走ります。
「ここに立ってー、…」という写真より自然な感じの写真になります。

大切なことは、カメラで子供を追いかけるのではなく、
子供が理想の位置に来るまで待つということです。

先に撮りたい景色を決めておく。
構図を決めておくということです。
次に、ここに子供がきたらいいなーとイメージする。
そして「あそこまで競争だー、よーい、どん」と声をかけ、
理想の位置に来たとき、シャッターを押すのです。

先に構図を決めるのです。
「ここに立ってー、はーい、こっち向いてー」
という時と全く同じです。

違うのはかける言葉です。
「よーい、どん」
と言って、イメージした位置に子供が来たら、シャッターを押す。

カメラで子供を追いかけると、せっかくのいい景色が写らないかもしれません。
構図を先に決めて、カメラは動かさない撮り方です。
子供が理想の位置に来るまで待つのです。

別に走らないといけない訳ではなく、歩いてもいいのです。
ただ、子供を景色に溶け込ませたいということです。

09340u.jpg

要領がわかれば、声をかけなくても、子供が遊んでいるとき、動きをよく観察し、
もうすぐここを通るだろうなと予想します。
あとは、撮りたい景色のところで、カメラを構えて、子供が通るのを待つだけです。
子供が通らない場合は失敗に終わりますが、決まればいい感じになります。

この撮り方は、鉄道写真を撮っていらっしゃる方がよく使います。
先に富士山の位置を決め、新幹線がここに来た時にシャッターを押す。
という感じです。

子供を追いかけるたけではなく、
構図を先に決め、子供が通るのを待って撮る、
という方法もぜひ試してください。


夕暮れ



IMG_7660b.jpg









いつまでも撮れると思うな子供写真

子供の写真は、子供が何歳になるまで撮れるのでしょうか。
もちろん撮ろうと思えば、ずっと撮ることができます。
子供は何歳になってもお母さん、お父さんの子供です。

でも子供がある程度の歳になると、お母さん、お父さんの好きなように、
子供の写真が撮れるものではなくなります。
学校に通い始め、友達ができ、スポーツを始めたりすると、
親と遊んでいる場合ではなくなるのです。
親と一緒にいるより、友達と一緒にいたほうが楽しいのです。

「恥ずかしいから写真撮るのやめて」
たぶんそう言ってくるでしょう。

いつ言われてもいいように覚悟しておかなければなりません。
こんなことなら、もっと一緒に遊んでおけばよかった。
といっても、どうしようもありません。

私は小学校の時、親に参観日に来てほしくなかったので、
参観日の日にちを教えなかったぐらいですから
うちの子供がそうなるのも当然でしょう。

子供が成長している証拠です。
広い世界、広い社会に向かって歩いていくのです。
親離れ、子離れする時期です。

子供はいつまでも親の言うことを素直に聞くものではありません。
反抗期というのも経験しなければなりません。

親の言うことばかり聞いていたら、親以上にはなれません。
子供には自分を追い越してもらわねければならないからです。

時には、はみだしたりもするでしょう。
痛い思いもするでしょう。
経験しないとわからないことがたくさんあります。
親としては認めたくない現実かもしれませんが、
子供が成長していくには当然のことです。

私は、親が子供を自由にできるのは、小学校に上がるまでだと思っています。
甘くみて小学校一年生といったところでしょうか。
小学校に上がるまで悔いのないよう全力で愛情を注ぐつもりです。

子供が小学校に上がるまであと何年ありますか?
そう、たったそれだけしかないのです。
「時は金以上」です。

娘が一歳の頃に戻りたい、と思っても無理なのです。
ついでに自分が幼い頃に戻りたいといっても無理なのです。

だから今しかないのです。
今に全力を尽くすのです。

でも戻る方法は、一つだけあります。

それが当時の写真を見ることです。
20年経っても30年経っても、写真を見ると一瞬で当時に戻ることができるのです。
だから私はいっぱい写真を撮っています。
写真もなかったら、当時に戻る方法がなくなってしまいます。

親離れ、子離れする時期というのは人によって感じ方はまちまちでしょう。
私もその時期を過ぎても愛情を注ぎます。
そして写真も撮るつもりでいます。
でもそのスタイルは子供の成長に合わせて変えていかなければなりません。
親の自由にはならないということです。
うちも徐々に手を離してやらなければいけない時期に来ています。


私は子供を授かってから写真を撮るようになり、
徐々に写真の撮り方、面白さがわかってきたところです。
これから子供の写真をいっぱい撮りたいという方に、
少しでもお役に立てればと思っています。

親の目から見た子供写真の撮り方を
少しずつお話できればと思います。
カメラのボタンは、電源とシャッターボタンしか押さない、
という方に向けてお話しているつもりでいます。
私の周りは、そういう方がほとんどだからです。
ですからそれ以上の機能を使いこなしていらっしゃる方には
物足りない内容かもしれません。

本屋さんに行けば、いっぱい写真の撮り方の本があります。
もっとレベルの高いことを知りたい方はそちらをお勧めします。

写真の撮り方の本ではありませんが、一冊お勧めの本があります。
「99のなみだ」という本です。
同じタイトルの本がシリーズ化されていますが、下の表紙です。

IMG_7687b.jpg


短編小説集ですがこの中のひとつに、「お父さん」というタイトルのお話があります。
ビデオカメラで娘さんのことを撮影するのが大好きなお父さんのお話です。

ここには、自分の子供を撮影する上で大切なことが書かれています。
子供の写真やビデオを撮ることが好きなお父さんには大変興味深いお話になっています。
お勧めです。


子供の自然な表情を撮る カメラを意識しない撮り方 2

子供がカメラを意識しない撮り方、
自然な表情の撮り方、もう一つは、
遠くから撮る、ということです。

あれこれ口を出さない。放っておくということです。
当たり前ですね。
遠くから撮ると、子供はカメラを意識せず自然な表情が撮れます。
詳しい説明は不要ですね。

さらに、この当たり前にひと工夫すると、
自然な表情に加え、粋な写真になります。
(好みが分かれるところですが)


その撮り方は、
自分と子供の間に、何か入れるということです。
普通なら邪魔になってしまうものをあえて写すのです。

外で遊んでいる子供の写真を撮るのに、あえて家の中から窓枠を入れて撮るとか、
○○越しに撮るということです。

そのことによって、実際子供がどんなところにいるか、
どんなものに囲まれていたか、
自分がどんなところから見ていたかが、その写真を見た人に伝わります。
自然な感じがさらに深まります。

103026b.jpg


子供が小さく写るし、一見邪魔なものが写っているので
おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントする写真には向いていないかもしれません。
(うちの場合です)

順番でいうと、子供の写真は、まずアップの写真をいっぱい撮ることをお勧めします。
何といっても、自分の子供のかわいい表情をたくさん撮ってあげてください。
いっぱい撮って、アップの写真そろそろ飽きてきたと思ったら、
ちょっと引いた位置から、周りをたっぷり入れた写真に挑戦してみてください。

こういうことを言うと、ちらかった部屋が写るのがイヤという方もいらっしゃしますが、
別に人に見せるわけでもなく、家族の歩んできた道をそのまま残すのもいいと思います。

将来その写真を見てちらかった部屋の中に、宝物を発見することでしょう。
「そういえば、このおもちゃ、誕生日に買ってもらって気に入ってたんだよねー。」
「こんなところに大好きだったぬいぐるみがある、毎日かかえて寝てたんだよねー。」

きっと一枚の写真の中にいっぱい思い出がつまっていることでしょう。
子供写真、家族写真の醍醐味とも言えます。



子供にカメラを意識させない撮り方 自然な表情を撮る

子供がカメラを意識しないようにして自然な表情を撮影するには、いくつか方法があります。

一つは子供と一緒に遊ぶということです。
決して最初からいい写真を撮ろうと思わないでください。

子供を楽しませることに、集中するのです。
子供と一緒に楽しい時間を過ごした結果として、いい写真が撮れるかもしれない。
だから考えることと言えば、子供と何をすれば楽しいか、何をすれば喜ぶか、ということです。
写真のテクニックより、子供を楽しませることを真剣に考えるのです。

以前も書きましたが、私の中で子供を撮影する上で最も大切にしていることです。

別の見方をすると、子供になりきってしまうということです。
子供が遊んでいるところに、友達が仲間に加わるという感じです。
実際の場面を想像してみてください。

子供が近くで遊んでいる友達のところに行きます。
「○○ちゃん、何してんの?」
「このおもちゃで遊んどる」
「わたしにもやらせて」
「いいよ」
「どうやって、つかうの?」
「それも知らんの?こうやって、こうやって…」

別に説明するまでもありませんが、こんな感じではないでしょうか。
これと同じことをすればいいのです。
どんどん質問すると、子供は得意になって教えてくれます。

こうなったらもうカメラを意識していません。
いつでもシャッターチャンスです。

最初から、「いい写真撮りますモード」で近づくと、鏡の法則で
子供も「いい写真撮られますモード」になって、カメラを意識してしまいます。


さらに自然な感じにするには、デジカメの液晶画面を見ないで撮影する方法もあります。
子供と目と目を合わせておしゃべりしながら、カメラを子供のほうに向けておき、
いい表情がでたらシャッターを押すのです。
一枚できっちりと決めようとせず、何枚か撮ると、
きっと気に入った写真も含まれているでしょう。
何回かするとコツがつかめてきます。

デジタルカメラは失敗してもお金はかかりません。
失敗をおそれずいっぱい撮りましょう。

下の写真は、子供たちと遊具で遊びながら、みんなで歌を歌っていました。
くだらない替え歌です。それでも息子二人大喜びです。
私は向かい合って座っています。
できれば青空を入れたかったので、カメラが少し上向きになるよう、
カメラは私の膝の上。

どうやって撮れるか実際には見ていません。
ノーファインダー撮影です。
子供に向かって、ファインダーをのぞかずに、
適当にシャッターを押しています。







プロフィール

麦わら

  • Author:麦わら
  • しまなみ海道伯方島から、何気ない日常をお伝えしています。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー