しまなみライフ
写真集「島いぬ」「しまなみライフ」発売中です。SHIMANAMILIFE


プロフィール


麦わら



最近の記事




最近のコメント




月別アーカイブ




カテゴリー




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2012.01.31  おむかえ 






No.672 / 日常 / Comment*4 / TB*0 // PageTop▲

2012.01.30  大空 


_MG_9921.jpg




No.671 / 日常 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2012.01.27  ロバート・キャパ写真集「戦争・平和・子どもたち」 


歴史に名を残す写真家たちも、たくさんの子どもの写真を撮っています。
ロバート・キャパ氏もそれを代表する一人です。
その写真は、普通の子どもの写真と違う点があります。

写真には、だいたい主役があって、そして背景があります。
子どもの写真の場合、主役は子ども、背景は公園になるかもしれません。
これは写真に写っている背景です。
ここまでは、普通の子ども写真です。

彼らの撮る子どもの写真には、この先があります。
子どもの写真について少し踏み込んでみます。

写真には、もう一つ、背景があります。
その写真自体の背景です。
どういう状況の中でその写真が撮られたか、ということです。

歴史に名を残す写真家はそのことが明確になっています。
子どもを撮る場合も、背景がきっちり存在しています。
先に背景を決めていると言ってもいいかもしれません。

世の中には、表と裏、光と闇、バランスをとって存在しています。
明るいところで明かりをつけてもわかりにくいものです。
闇が深ければ深いほど、光は輝きます。
もし、子どもを光とするなら、その光をより輝かすための闇は何か?背景は何か?

ロバート・キャパ氏は背景を戦争にしています。
戦争は世界の中でも深い深い闇です。

その闇の中で、輝く子どもを撮っています。
だから強烈な光になります。

土門拳氏は「筑豊のこどもたち」で、炭鉱で働く数万の労働者が失業し、
家族が苦しい生活をしていることを背景にしています。

この背景を決めることによって、写真の意味は大きく変わってきます。
人によって、そして時代によって、背景は変わってきます。
だからその時代にしか撮れない子どもの写真、
またその背景でしか撮れない子どもの写真があるわけです。



誰にでも、それぞれの背景があります。

私の場合、大切な家族と離れて、ほとんど海上で生活しているという背景があります。
だから一緒に過ごす僅かな時間が光り輝きます。
しかもその場所は、都会から離れた、小さな島です。だからこそ、感じる光があります。
病気になったからこそ、また死を覚悟したからこそ、感じる光もあります。

そして、その背景をもとに、自分の伝えたいメッセージは何か?

ロバートキャパ氏は、戦争を背景に、
子どもたちの未来のために、世界の平和を訴えています。

別の言い方をするなら、子どもは社会を映す鏡です。
子どもを通して社会を見ることによって、平面ではなく、
立体化して社会を見ることができます。

子ども越しに社会を見て、今の社会をどう思うか?
子ども越しに社会を見て、これからどうなって欲しいか?

これが子どもの写真に込められている背景とメッセージです。

これが写真の中に、含まれているものと、そうでものでは、写真自体の意味が変わってきます。
どちらがいい、悪いということではありません。
どちらも大切な一枚の写真です。

背景とメッセージ、頭の隅に入れておくと、
子どもの写真を撮る場合も、今までと視点が変わってくるかもしれません。

たかが子ども写真、されど子ども写真です。
たった一枚の子どもの写真が、社会を変える可能性を秘めています。

写真集「しまなみライフ」、写真展「しまなみライフ」の中では、
子ども越しに見た今の社会に向けて、私のメッセージを込めています。

何か少しでも感じていただけるものがあれば幸せです。

_MG_9895.jpg



No.670 / 日常 / Comment*7 / TB*0 // PageTop▲

2012.01.26  風力5 




_MG_9852.jpg



No.668 / 日常 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2012.01.25  写文集「腕白小僧がいた」  


土門拳氏の写文集「腕白小僧がいた」
この中には、子ども写真の傑作が詰まっています。
読み返すたびに新たな発見があります。

タイトル、「ゴミ捨て場」「金庫」「鮎突く子ら」「傘を回すこども」「おいちいよ」などなど
素晴らしい写真がずらーっと並んでいます。
まさしく本物の子どもたちが写っています。

その中でも私のお気に入りは「お祭りの日」です。
決して可愛い子どもの写真ではありません。

くたびれた服を着た女の子が、露店の前で、おもちゃを欲しそうにずーっと見ています。
そのおもちゃに手で触れたいのに、触れてしまうと自分の気持ちが爆発してしまうかのように、
手はポケットの中です。
しかも足元は大人用の下駄です。

子どもの気持ちがこちらまでひしひしと伝わってきます。

この本の中で土門氏自身、子どもの写真について次のように語っています。

「こどもを撮っているときは、それが二度と撮れないといった厳しさは、
それほどにも感じていないときもあった。そんなものはいつでも撮れると
思っていたのだが、実際には、そのとき、それを撮っておかなければ、今となっては、
もう二度と撮れないのである。」

子どもの写真を撮っていると、痛いほど身に染みる言葉です。
子どもに対して、「今しかない」ということに、どれだけ早く、強く、感じることができるか、
子どもの写真を撮る上で、最大の焦点だと思います。
このことに気づくと素敵な子ども写真、家族写真が出来上がります。

でも、土門氏の場合は、自分の子どもに対して言っていることではありません。
全て、その時代に生きる子どもに対して「今しかない」という言葉です。

多くの方は、自分の子どもに対して「今しかない」という気持ちは、感じていると思います。
その時代を生きる子どもに対しても、「今しかない」と思って撮影すると、
同じ自分の子どもを撮影するにしても、写真の意味がガラッと変わってきます。
子ども写真の枠を越えると思います。

この本から、目の前のことだけでなく、広い目線で社会を見ることの重要性を感じます。
歴史に名を残す写真家は、子どもを撮っているようで、実はその時代を写しています。
子どもは社会を映す鏡です。

そのあたりは、また次回。


土門拳氏の写文集「腕白小僧がいた」
お気に入りです。




No.667 / お気に入り / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2012.01.24  いろいろな子育て 


子どもに対して、妻がよく使っている言葉があります。
「どうするの?」
という質問です。

子どもが、体の調子が悪そうにしていると、
「熱があるようだけど、どうする?学校に行く?行かない?」
と聞きます。

行きなさい、とも、休みなさい、とも言いません。
子どもに決めさせます。

息子がサッカーで、上級生に泣かされて帰ってきても、全部話を聞いて、
「それで、今どういう気持ちなの?」
「だったらどうしたらいいの?」
「それじゃあ、そうしなさい」
また次の日から元気にサッカーに行っています。

子どもがせっかく自分で考える機会が与えられているのに、
その考えるチャンスを、親が勝手に横取りしないのです。

「それじゃあ、休みなさい」
「そんなところ、辞めてしまいなさい」
親が決めるのは簡単です。
子どもから話を聞く時間もかかりません。
でもせっかく子どもが決断するチャンスです。

妻から聞いた話です。
先日、駅伝の大会があったそうです。
その日のために、娘はずっと練習を続けてきました。
大会の10日前、風邪を引いていました。
いつものように、
「練習はどうするの?」
という質問に対し、
「行く」
「じゃあ、そうしなさい」
ということで、練習を続けていました。
そして、どんどん風邪をこじらせていきました。

そしていよいよメンバー発表の日、

……娘の名前はありませんでした。
相当、悔しかったと思います。

でも、自分が選んだことです。
しっかり自分で悔しさを味わったことでしょう。

この悔しさも、親が子どもから奪ってはいけないことです。
悔しさも、体験しなければなりません。

自分が決断したからこそ、そして悔しい体験をしたからこそ、
次につなげることができます。

うちでは、「どうするの?」という言葉をよく聞きます。

これは我が家のことであって、これがいいとか悪いとかいう問題ではありません。
全く反対意見の人ももちろんいます。

せっかく子どもが練習を重ねて、試合に出れそうな状況なのに、
それをさせてあげて、喜びを体験させるのが、親の務め。
こんなんだったら、走るのが嫌いになる。
努力が無駄になる。
体調管理を、4年生にさせることが間違っている。
何のために親がそばにいるの?

という意見も当然あります。
どれが正解、どれが間違いというものでもないと思います。
親の数だけ、子どもの数だけ、子育てはあります。

何が子どものためなのか、それぞれの目線の違いだと思います。




No.666 / 日常 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2012.01.23  親だからこそ撮れる子どもの写真 


お母さん、お父さんが撮る子どもの写真は、かわいい写真、格好いい写真、というのを
目標にしている人が多いと思います。

もちろん、それもいいのですが、せっかくなら
家族だからこそ撮れる写真を目標にするのもいいと思います。

かわいい写真、格好いい写真は写真屋さんにお願いすれば撮ってくれます。

でも本当に子どもらしい写真というのは写真屋さんには撮れません。
お母さん、お父さんだからこそ撮れる子どもの写真があります。




IMGP5835b.jpg




No.663 / 撮影講座 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2012.01.22  芸術闘争論 村上隆氏 


この二冊の本の中では、アートのルールについて書かれています。
今まで意味不明だったアート作品の意味が
なんとなくわかるようになるかもしれません。

私にとって、とっても興味深い刺激を受ける内容でした。





No.662 / お気に入り / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2012.01.21  晩ごはんの時間 








No.661 / 日常 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2012.01.20  風レンズ風車 


今、風力発電の分野で、風レンズ風車というのが話題になっています。
CNN

翼の外側に輪を作って、風を集めるしくみです。
従来より、1.3〜1.5倍の風速が得られ、2〜3倍の出力が可能ということです。

素晴らしいアイデアです。
更にいろいろなところに応用が効きそうです。

船を動かすにもプロペラを動かします。
原理は同じだと思います。

_MG_9819.jpg



No.660 / 日常 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>