しまなみライフ
写真集「島いぬ」「しまなみライフ」発売中です。SHIMANAMILIFE


プロフィール


麦わら



最近の記事




最近のコメント




月別アーカイブ




カテゴリー




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2015.01.05  雪の撮影は、強制発光 


これから雪が降ることが増えてくると思いますが、
降っている雪を簡単にきれいに撮影する方法をお伝えします。

私も以前から興味があった雪の撮影ですが、今回やっとその機会に恵まれました。

降っている雪を撮影するには、カメラの設定を一つだけ変更します。
フラッシュ発光モードを強制発光に設定します。
この設定にすると、明るい所でも強制的に光ります。

カミナリのボタンを押すと変更できます。
ほとんどのカメラに付いている機能だと思いますが、
機種によっては、電源を一回切ると元のAUTOになるかもしれませんので注意してください。

f.jpg

フラッシュといえば、暗い所で使う機能と思うかもしれませんが、雪の日に強制的に発光させると面白い感じになります。
テクニックと呼べるものではありませんが、この設定にすると、降りしきる雪にフラッシュの光が当たって、雪が光って写ります。



こちらの雪が光っている写真は、ポケットに入る小さなコンパクトデジタルカメラで撮影しています。
子どもたちとスノーボードを楽しみながら撮りました。

撮影モードはP(自動)で、強制発光に変更しただけです。

P1020368.jpg

ぱらぱらとちらつく程度の雪では、雪が写りにくいかもしれません。
雪が結構降っているときに威力を発揮すると思います。

P1020377.jpg

発光モードを強制発光に設定したら、あとはただシャッターボタンを押すだけです。
簡単です。

P1020361c.jpg

「雪が降ったら、強制発光」、機会があれば一度試してください。

あと、スキー、スノーボードなど、氷点下になるところでは、バッテリーの減りがはやいので、
予備のバッテリーをポケットに入れて、体温で温めながら、使うといいかもしれません。

(今回あかりが一気にうまくなりました。)
P1020371.jpg



この日、家族でスノーボードを楽しめたのも、
ゲレンデまでの道中、吹雪で立ち往生している私たちを助けていただいたご夫婦のお陰です。

お陰様でナイターまでたっぷりと楽しんでくることができました。
滑り終わる頃には、すっかり雪はやんでいました。

DSCF6016.jpg

DSCF6177c.jpg





写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」

雷鳥社から発売中です。

スポンサーサイト


No.1260 / 撮影講座 // PageTop▲

 Home