FC2ブログ


しまなみライフ
写真集「しまなみサイクリング日和」「島いぬ」「しまなみライフ」発売中です。SHIMANAMILIFE


プロフィール


麦わら



最近の記事




最近のコメント




月別アーカイブ




カテゴリー




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2017.12.04  写真を撮るときの視点 「鏡」(映り込み) 


写真の撮り方をわかりやすく伝えようと思っています。


写真を撮るうえで、私が大切にしていることは、いいカメラを使うことではなく、海外の絶景の場所に行くことでもなく、
普段目にするものをどう見るか、それが視点です。

R38A5341_201711291531290ef.jpg

私の場合、視点として「窓」「鏡」「影」の3種類の見方をしています。

簡単に言うと主役を直接撮らず、「窓」「鏡」「影」を使って間接的に撮ります。

前回は、インスタ映えする写真の撮り方ということで、まず「窓」を詳しく説明しました。

今回は「鏡」です。

「鏡」とは、鏡の映り込みを撮ることです。

IMG_8659.jpg


鏡に映った被写体を鏡越しに撮ります。

これはいつも鏡を持ち歩きましょうということではなく、その場にある反射するものを使って映り込みを撮ります。

窓ガラス、水たまり、サングラス、気にしていればいろいろと見つかります。

_MG_2600.jpg

ポイントは、映り込んでいるものだけを撮るのではなく、直接見えるものと映り込んでいるものを一緒に撮ることです。
直接見えるもの、映り込んでいるもの、それぞれに意味をもたせると、より一層写真が面白くなります。

二枚の写真を一枚に合成させて、いかに面白くさせるか、そんなゲーム感覚で撮るといいと思います。

DSCF0741a.jpg
タイトル「夢を乗せて」

_17A4363 (1)
前回お話しした「利休の朝顔」のような感覚です。

_MG_3516.jpg

DSCF0916.jpg

R0003480_20171129145542f5d.jpg
鏡が日陰、映り込むものが日向の場合、より一層くっきりと映り込みます。

R0001694.jpg
車が日陰、イチョウが日向なので、くっきり映り込みます。

517A1579_20171129145232dbc.jpg
満月を撮らずに満月を撮ることもできます。

R0030958_20171129145556492.jpg
鉄パイプで囲まれたステージ、普通に撮ったのではあまり面白くありませんが、映り込みを撮ることによって不思議な写真になりました。
直接見えるのは足まで、その足から上は映り込みで見ることができるというのがポイントです。

IMG_2819_20171129145304359.jpg

IMG_8273.jpg
雨上がりの時は、水たまりを探しています。

IMG_0701_2017112914530307e.jpg
一枚の写真に入りきらなかった打ち上げ花火の続きが、映り込みによって見ることができます。

DSCF5191.jpg
一見、何がどうなっているのかわかりにくくなっています。

DSCF3342.jpg
車に乗っている犬、これだけでもいいのですが、
窓ガラスの反射も一緒に撮ることによって、別世界も一枚の写真の中に収まります。
別々の2枚の写真を1枚に合成する感じです。



鏡を使った写真、なんとなくわかっていただけましたでしょうか。

鏡は被写体を増やしたり、広い範囲や反対側を見たり、いつもの視点とは違った見方ができるのが特徴です。

直接撮って、入りきらなかったところを映り込みによって見ることができる、というのも面白いですし、
映り込みによって、全く別世界を表現するのもひとつの方法です。
あえてどこまでが実物でどこからが映り込みかわからないようにして、見る人に謎解きを迫るのも面白いです。



この鏡を使った映り込みの撮影方法は、一流写真家さんも使っています。

篠山紀信 さんは、写真集の表紙で、女性の背中を撮りながら、鏡の映り込みで正面からも撮っています。

ビビアンマイヤーさんは街中のいろいろな鏡を使って、自撮りをしています。

森山大道さん、中藤毅彦さんのショーウインドーの映り込み写真は相当格好いいです。
(お手本にしています)



何と何を合成すると面白くなるか、これが「鏡」の面白さです。

カメラに詳しくなくても、OKです。
遊び心があれば、どなたでも今からはじめられます。

何も鏡になるものがないときは、ツルツルのスマホ画面も鏡になります。

アイデア次第、視点次第で写真の面白さはいくらでも広がります。

写真はまじめに一生懸命撮るより、遊び感覚ぐらいがちょうどいいと思います。

さらに、楽しんで写真を撮っていると、楽しい気持ちが写真に映り込み、見る人が心地よくなります。
これが最高の映り込みだと思います。




しまなみライフ流の視点は「窓」「鏡」「影」の3種類です。

「窓」はこちらからどうぞ

「影」はこちらからどうぞ





写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村
















スポンサーサイト





No.1825 / 撮影講座 // PageTop▲

 Home