FC2ブログ


しまなみライフ
写真集「しまなみサイクリング日和」「島いぬ」「しまなみライフ」発売中です。SHIMANAMILIFE


プロフィール


麦わら



最近の記事




最近のコメント




月別アーカイブ




カテゴリー




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2008.08.17  自転車の練習 


自転車に乗るコツが少しだけわかってきた。

まず自転車を怖がらせないことが何よりも大切。

最初の自転車は、両足がべったりと地面に着くと、子供も転ぶという恐怖から解放される。
(それでも転ぶ)

どうしても、すぐに大きくなるから、という理由で大きめの自転車を買ってしまいがちだが、
その自転車を補助輪無しで乗れるようになるには、足が余裕をもって地面に着くようになってからになってしまう。

次に、ペダルを外したほうが、バランスをとることに専念しやすい。
(15ミリのナットがよく使われている。片方は逆ネジになっているので注意が必要。)

自分で、地面を足でけって進めるようになると、ペダルを付け補助輪無しで乗れるようになるのは、目の前。
でも、ここで焦ると転倒が続き、自転車から遠ざかってしまう。

目線に注意する。
子供は足元を見てしまう。
前、そして行きたい方向を見るようにさせる。



練習用自転車。やまとスペシャル。
三歳になるまでに乗れるようになるのが、目標。
(乗れたからといって何の得にもならないが…)




IMGP55957.jpg

IMGP55965.jpg

IMGP55969.jpg
まだ、自分で進む気なし。
本当は、手袋に長袖、長ズボンがお勧め。
頭、手のひら、肘、膝が怪我をしやすい。

IMGP56041.jpg


IMGP56065.jpg
げんは四歳の誕生日に、ちゃーちゃんに新しい自転車を買ってもらっていた。
しかし、つま先しか届かず、怖いといって、二ヶ月間飾りになっていて、乗りなれているキティちゃんの自転車を乗っていた。

そして今日、広い場所に連れてきて、乗らせてみた。
いきなり乗った。

狭い場所で乗ると、スピードが出ないので、バランスがとりにくい。
広い場所なら、ペダルをこぎ続けることができ、スピードが出るので安定する。

私も勉強になった。

IMGP56091.jpg

IMGP56056.jpg

IMGP55907.jpg

一輪車に乗るコツを、あかりに聞いてみた。

左右の手を何かにつかまれるところで、一輪車にまたがる。
つかまったまま前後を繰り返す。
一瞬だけ手を離して、すぐにつかまる。
少しだけ移動してすぐに、つかまれるところにもどる。
これを繰り返し、距離を少しづつのばしていく。

ということだ。
なんとなくは、わかるが私にはできそうにない。


スポンサーサイト





No.187 / 日常 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 家での様子 / Home / 子供の目線 →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home