FC2ブログ


しまなみライフ
写真集「島いぬ」「しまなみライフ」発売中です。SHIMANAMILIFE


プロフィール


麦わら



最近の記事




最近のコメント




月別アーカイブ




カテゴリー




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2018.11.08  しまなみサイクリング日和 


写真集「しまなみサイクリング日和」がいよいよ発売されました。

サイクリングのガイド本として、また、しまなみ海道の写真集としてご覧いただける内容になっています。
しまなみ海道と言えばここ、という定番スポットから、たぶんほとんど知られていない穴場スポットまで幅広く掲載されています。

ここに至った経緯をお話ししますと、
2016年春、写真集の出版を目指し、東京の出版社を訪れ、新しい企画を3つほど見ていただきました。
その中のひとつ、しまなみ海道の生活をまとめたものに目を留めていただきました。
当時の雷鳥社社長から、「これ、おもしろいねー。今しまなみは自転車が盛んでしょう。僕もこの前サイクリングしてきたよ。しまなみを自転車でまとめたらおもしろそうだねー。」というアドバイスをいただきました。

この時から、サイクリングの写真集を目指すことにしました。

それまでサイクリングイベントで一日8千枚の写真を撮ったりしていましたが、私は自転車に無関係で、完全に外から撮ったものばかりでした。
実際に自分も乗ってみないとわからない風景があるはず、と思いすぐに自転車を購入して撮影を開始しました。
そしたら、どんどん自転車の面白さにはまり、いつの間にか家族を巻き込み、しまなみの自転車ライフにはまっていきました。

私は、基本乗り物を操るのが好きで、三輪車、自転車からはじまり、ここ30年ほどエンジンの付いたオートバイ、車、トラック、ユンボ、船などいろいろな乗り物に乗ってきました。
久しぶりに人力に戻って、新鮮な感覚になりました。

足が疲れる、筋肉痛になる、喉が渇く、夏は暑く冬は寒い、雨が降ればびしょ濡れ、腹は減る、
身をさらけ出し自然をもろに感じる自転車は、電機や機械に囲まれた快適な生活から、本来の姿を教えてくれます。

撮影は、「しまなみライフ」「島いぬ」とは違い、町中で見かけた人に声をかけ写真を撮らせてもらったり、イベントに参加したり、今まで知らなかったしまなみの美しい風景を見つけたり、私自身、新たな領域に踏み込んだ形になりました。

犬を乗せたおじいちゃん、日本一周途中で後ろに大きな鹿の角を積んだ青年、海辺で話をする若いカップル、デコチャリを自慢する小学生、部活帰りに港から海に飛び込んで汗を流す高校生、いろいろな出会いがあり、しまなみ海道をより深く知ることができました。
ページの都合上、全ての写真を掲載することができませんでしたが、撮影に協力してくださった方には本当に感謝しています。

編集作業は
撮影から1年ほど経ち、順調に進んでいるかのようにみえましたが、それから諸事情が重なり、企画は一時ストップ。
再開は未定になりました。
出版社からの商業出版のため、多くの人の力を借りなければならず、私の力だけではどうにもなりません。
正直、この企画は世に出ることはないかもしれない、そう思った時もありました。
そのときは落ち込みましたが、かえって開き直ることができました。
出版にならなくてもいい、自分が楽しんで自転車に関わり、そして写真を撮っていこうと決めました。

そしたら不思議なことに、企画が再開され、編集も順調に進みだしました。
撮影から2年以上経ち、掲載したい写真がいっぱいありすぎて、あと2冊ぐらい作れそうな勢いでしたが、ここはさすがプロフェッショナル、編集者さんデザイナーさんの力でどんどん整理されていきました。
「なるほどー、こういう風にこの写真を使うのかー」と感心させられました。
そして自転車に乗り始める前から、校了ギリギリに撮った写真も含め、約8年間の思いが一冊に込められました。

今回の写真集制作をきっかけに、いつの間にか自転車に巻き込まれた息子の人生にも大きく影響するかもしれません。
詳しくはこちらをどうぞ。

自転車の楽しさ、しまなみ海道の素晴らしさが多くの人に伝わればうれしいです。

E0093627.jpg



しまなみ海道を舞台とした写真集、3部作がそろいました。

写真集「しまなみサイクリング日和」

写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


No.1979 / 写真集出版への道 // PageTop▲

 Home