しまなみライフ
写真集「島いぬ」「しまなみライフ」発売中です。SHIMANAMILIFE


プロフィール


麦わら



最近の記事




最近のコメント




月別アーカイブ




カテゴリー




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2011.08.13  はじめての営業 


写真集が出版されて数日経った日のことです。
自分の本が実際に並んでいる所を見に行ってみようと市内の本屋さんに出かけました。
店の入り口に山積みされていたらどうしよう、店員さんに挨拶したほうがいいのかなー、
なんて期待を胸に店に入りました。

「ん、さすがに入口にはないなー、写真集のコーナーかなー、
あれっない、あっそうかー地元の本のコーナーかー」
店内を探しましたが見つけることはできませんでした。
そこで店員さんに聞いてみても、そういう本は聞いたことがないということでした。
ちょっと焦りながら、
まあ、あっちの店なら大きいし、きっとあるだろうと思いながら店内に入ると、
そこにもないのです。
「えー、そんなはずでは…、」
と思いましたが、実はこういうものなんです。

全く無名の人間が本を一冊出したからといって、簡単に翌日から本屋さんに並ぶものではないのです。
私の考えはあますぎたのです。

もちろん出版社の方が営業をしてくれています。
そして大きな書店からは注文が入ってきています。
しかし、地方の書店には簡単に並ばないのです。

出版したという事実は確かです。
それで満足できるならそれでOKです。
でも自分の思いを多くの人に伝えたいというのであれば、
まず本屋さんに並ばなければ何も伝わりません。

そこで気持ちを切り替え、次の日、午前中、時間が取れたので自分で営業にまわることにしました。
「しまなみライフ」というタイトルですから、しまなみ地方の本屋さんに並べてもらえなかったら、
全国どこにいっても難しいだろうと考えました。
出版社から注文書をもらい、とにかく市内の書店をまわることにしました。
といっても、営業はしたことない、何をどう説明していいかわからないままとりあえず本屋さんを目指しました。

一店目
「店長がいませんので、ちょっとわからないです。」
二店目
「店長がいませんので、ちょっとわからないです。」
三店目
「掛け率は?うちも商売なんで、いくら地元の人でもねー、…」

この時点でかなりブルーになっています。
手にした一冊の本を見てもらうことすらできないのです。
自分は日本一営業に向いていない人間だ、このまま家に帰ろうかなー、なんて考えていました。

しばらく考えた末、
「営業はやめた、自分の本を店長に紹介だけして、さっさと家に帰ろう」

そう考え直し、
四店目
「店長さんいらっしゃいますか」
「はい、私ですが」
「先日、写真集を出版しましたので紹介に伺いました。」
そして本を手渡すと、1ページずつじっくりと最後まで見てくださったのです。
「いい本ですねー、これはどうやって注文すればいいのですか?」
「本当ですか?」

こうやってはじめて興味を示していただくことができたのです。
うれしかったです。
生の声を聞くことができました。
最高です。

単純な私は、一回こういう反応を目の前にすると、調子にのります。
次々と店を訪問していきました。
反応もすごくよかったです。
営業っておもしろい、そう思いました。本当に単純です。

市内にはそんなに多くの本屋さんがあるわけではありません。
そこで、場違いかとも思いましたが、カメラのキタムラにもお邪魔しました。
こちらは写真コンテストで何回かお世話になっていました。

写真集のことをお話すると、本を手にしてくれ、1ページずつじっくりと見て下さったのです。
「この写真すごいですね、これはもしかしてあそこですか?」
なんて言葉を交わしていました。そして
「店に持ってきて売ったらいいですよ、うちは一切お金もらわなくていいですから」
そんなお言葉をいただきました。感謝です。
キタムラ今治鳥生店ブログ

そろそろ時間がなくなってきました。
あと一か所だけ、
と思いながら向かったのは、しまなみ海道の道の駅を管理する(株)しまなみ
こちらは観光客の方が多くいらっしゃるので、ぜひ置いていただきたいと思っていました。
そのことを出版社にも相談していました。

そして会社に伺いました。
写真集のことをお話ししてお見せしました。
「あっ、昨日出版社から連絡ありました。この本ですか」
実際に1ページずつページをめくってくれました。
そして笑い声が聞こえてきました。
「いいですねー、この顔。こんな表情なかなか撮れないですよね。
いやー、おもしろい、これはどこで撮ったのですか?」
いろいろな感想をいただきお話をさせていただきました。

そして夕方になり、出版社からメールが届きました。
「たくさん注文が来ましたよ~!!!」

なんとその日訪問したところから190冊の注文がありました。
うれしいです。感激です。
そして驚いたことに、三店目に訪問した本屋さん、
「うちも商売なんで、いくら地元の人でもねー、…」
と言っていた店長さん、30冊も注文をいただきました。

なんとも言えないうれしい気持ちになりました。


もちろんこれは出版社雷鳥社の全面的なバックアップ、そしてたくさんの方々の協力があってのことです。
本当に貴重な体験をさせていただいています。

現在、今治市の本屋さん以外で写真集を取り扱ってくださっているお店です。

魚常梅が花
カフェ玉屋
多々羅しまなみ公園
マリンオアシスはかた
カメラのキタムラ今治鳥生店

そして「しまなみライフ」のことをブログで紹介してくださっている方もいます。
家族や友人にプレゼントしてくださった方もいます。
本当にありがとうございます。
心より感謝致します。

私自身、皆様のご協力、そしてあたたかいお言葉に感動しています。






スポンサーサイト


No.539 / 日常 / Comment*5 / TB*0 // PageTop▲

← 映画「コクリコ坂から」 / Home / 動いている子どもたち →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.08.13(22:12) / / / [ Edit ]


はじめまして


初めまして。
しまなみライフ、購入させて頂きました(^^)

とっても心温まる写真集で、本屋さんで見つけてすぐ購入しました。

これからはブログも拝見させていただきます☆
2011.08.15(21:13) / URL / KEI / [ Edit ]



KEIさん、ありがとうございます。
うれしいお言葉です。
子どもたちのパワーをお伝えすることができましたでしょうか。
これからも、目の前にある宝物を撮り続けていきたいと思います。
2011.08.16(11:22) / URL / 麦わら / [ Edit ]


はじめまして


たまたま本屋さんで手にとって眺めていたら

写真の子供たちの表情にいつのまにか自分が笑顔になっていて

最後の文章のページで涙が溢れてきて

気付いたら買っていました。


帰宅したら家内にも見せたいと思います。
2011.08.18(21:11) / URL / 羽原信義 / [ Edit ]



羽原信義さん、ありがとうございます。
うれしいです。
感動していただけることに、私は感動しました。
これからも、輝く子供たちを撮り続けていきたいと思います。
2011.08.19(07:02) / URL / 麦わら / [ Edit ]


Trackback

TB*URL  
 Home