FC2ブログ

たまに晴れたらまるもうけ

娘が毎週録画しているミュージックステーションの中で、素晴らしい歌詞と歌声に出合いました。


「みんながみんな英雄」 歌AI 歌詞 篠原誠

この曲だけ、10回以上巻き戻して聞いてしまいました。
名言があふれています。







写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」

書斎の鍵 喜多川泰



私、妻、娘でまわし読みしました。

今回も、一生大切にしたい言葉に出会いました。

喜多川泰さんの本は、我が家の教科書になっています。



写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」


いろいろな写真展

山口小夜子展



DSCF2035.jpg

DSCF2048.jpg

最高に格好いいです。

R38A0821.jpg

作品集もインパクト大です。



写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」

雷鳥社から発売中です。

STREET RAMBLER



中藤毅彦さんの写真集「STREET RAMBLER」、かなり気に入っています。



写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」

雷鳥社から発売中です。


名作から学ぶ

光彩上海

1994年に撮影された上海のモノクロ写真、
それから10年後に撮影されたカラー写真で構成されています。

カラー作品の中にも、様々な対比が用いられ、
その対比が、2004年上海の現実を見た写真家織作さんの心の動きを語っているように思います。

そして、先日ご紹介した「木村伊兵衛のパリ」でもそうですが、
街は人がいて成立する、そんな当たり前のことに気づかされます。

DSCF4890.jpg

織作峰子さんの傑作写真集です。



写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」

雷鳥社から発売中です。


木村伊兵衛のパリ

日本人写真家の原点

表紙の写真、格好良すぎです。

撮影するうえで大切なヒントが、いたるところに隠されているように感じます。







写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」

雷鳥社から発売中です。

One World

喜多川泰さんの本は、数ページ読むと一気に本の中に引き込まれます。




最近は、家族でまわし読みして、楽しんでいます。
私が中学校の時は、少年ジャンプ以外読んだことがありませんでしたが、
なぜか、娘は本を読むのが好きで、喜多川さんのファンになっています。

そんなベストセラー作家の喜多川泰さんから、素晴らしい贈り物が届きました。

One World みんなが誰かを幸せにしているこの世界



_17A0677.jpg

いい本というのは、感動するだけでなく、読んだ人の行動が変わる本だと思います。




_17A0758.jpg

娘は、生徒会に立候補しました。

私も妻も、そういうことは、全く考えたことのない学生時代でしたので、ちょっとびっくりです。


喜多川泰さんのfacebookで「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」を紹介していただきました。



写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」

雷鳥社から発売中です。

写真短歌部 放課後

子どもの写真を撮るとき、当然子どもを撮ります。
子どもの気持ちを撮るとき、必ずしも子どもが写っていなくても、伝わるものがあります。

写真短歌部 放課後
加藤千恵さん短歌、タクマクニヒロさん写真

タクマさんが、生徒の気持ちを生徒の写真なしで、素晴らしく表現しています。

そして、加藤さんの短歌が、心に響きます。



子どもの写真を撮っているけど、どう撮ったらいいかわからない、なんだかいつも同じ写真になってしまう、
そう感じたとき、「放課後」をご覧になると、「そうか、こういう撮り方があったかー」などきっと新しい発見があると思います。


運動会、参観日など、学校で写真を撮る機会がある方には、勉強になると思います。

プロフィール

麦わら

  • Author:麦わら
  • しまなみ海道伯方島から、何気ない日常をお伝えしています。
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー