しまなみライフ
写真集「島いぬ」「しまなみライフ」発売中です。SHIMANAMILIFE


プロフィール


麦わら



最近の記事




最近のコメント




月別アーカイブ




カテゴリー




ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2017.12.22  冬至の朝 










写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村




No.1844 / 日常 // PageTop▲

2017.12.21  クリスマスの思い出 4枚組 




DSCF0669a.jpg

DSCF9788.jpg

R0005221.jpg





写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村




No.1839 / 東京スナップ写真 // PageTop▲

2017.12.20  07:30 


IMG_3634_201712190759036f1.jpg






写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村



No.1838 / IPHONE撮影 // PageTop▲

2017.12.19  猫 


IMG_3323c.jpg







写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村





No.1834 / IPHONE撮影 // PageTop▲

2017.12.18  写真の視点「影」 


写真を撮るときに大切にしていることを書いています。

私の場合、それはものの見方、視点です。
なんだかいつも平凡な写真になってしまうと悩んでいる方には、ヒントになるかもしれません。

私が写真を撮るときの視点として意識しているのは、「窓」「鏡」「影」の三種類です。
以前に、「窓」と「鏡」は詳しく解説しています。

基本的な考えは、「窓」「鏡」「影」を使って、主役をより引き立てるということです。
カメラはスマホでもOKです。

写真の視点


「窓」はこちらからどうぞ


「鏡」はこちらからどうぞ



今回の視点は「影」です。

この撮り方は簡単に言うと、影を撮ることです。
影を意識して撮ると、いつもの写真とは違った見え方がします。

影の撮り方にも何種類かありますので説明していきます。

S0074833.jpg
上の写真は、朝日が差したとき、椅子にブラインドの影がついています。
それによって、いつも見る視点とは違った写真になっています。
影を入れることによって、赤い椅子がより鮮やかに輝いて見えます。
こちらは、影を加える形になっています。



517A9838_2017121210160882f.jpg
こちらは影自体を撮っています。



122221.jpg
こちらは被写体を影にして撮る方法で、シルエット写真と呼ばれています。
夕日が沈むころ、太陽のほうに向かって撮ると、被写体は影になります。


こんな感じで影の写真にも、影を加えて撮る、影を撮る、影にして撮る、方法があります。

写真教本などでは、「写真はいい光で撮ること」と書かれているのですが、どうも私にはいい光というのが、わかりません。

どれがいい光で、どれが悪い光か、私には難しすぎます。
でも、影ならわかりますので、影を撮っています。



では、なぜ影を好んで撮るかと言いますと、光が当たっているところだけ撮るより、影も入れることでより写真がおもしろくなるからです。

何がおもしろいか、
例えば、オリンピックで金メダルを取ることはすごいことです。決勝の試合を見ただけでも感動します。
それが光の部分です。

さらに、オリンピックの切符を手にするまでの道のり、またそのために何を犠牲にして、どれだけ涙を流してきたかを知ると感動が何倍にも膨れ上がります。
それが影の部分です。

それと同じように、一枚の写真の中に、影の部分も入れることによって、光が当たっているところがより輝くことになり、
写真に厚みが増すようになります。

「夜空があるから、星は輝く」


_MG_4824_201712121451047b0.jpg

_MG_6701.jpg
影によって、状況を説明し、夏らしさを出しています。


517A0729_20171212145105a8b.jpg
影を加えることによって、普通の見え方とは違った写真になっています。


IMG_5072.jpg
こちらも影によって、写真の意味まで変わっています。


IMG_6291_20171212145108087.jpg
朝や夕方、簾やブラインドによって影ができます。



IMG_7326_201712121454366e1.jpg
普通、手持ち花火は顔が見えるように前から撮りたいところですが、撮る視点を変えても面白いものです。


IMG_2942.jpg
こちらは全て影を意識した写真です。



IMG_8702.jpg
「影」と「窓」を組み合わせています。



R0002075.jpg
こちらも「影」と「窓」を組み合わせたような形になっています。


R0001900.jpg
「影」と「鏡」の組み合わせ



517A8994.jpg
「影」と「鏡」の組み合わせ
影があるので、日が当たっているところがより輝いて見えます。



IMG_3060.jpg
「ひなたぼっこ」
影によって状況を説明しています。




S0074546.jpg
「影」と「鏡」の組み合わせ



「影」の視点、私は多用していますが、
ふわふわっとした柔らかい雰囲気の写真を好む女性からは、あまり受けがよくありません。
かわいい写真には、なりにくいからです。


でも、影を意識して撮ると、写真の幅、写真の面白さが膨れ上がるような気がします。
朝や夕方、また冬は太陽の光が斜めから入ってくるので、影を意識した写真が撮りやすいです。




「窓」「鏡」「影」の三種類の視点をご紹介してきましたが、それぞれにおもしろさがあり、それぞれに深さがあります。
どれか気に入った撮り方ひとつだけ徹底して追求するのもいいですし、「窓」「鏡」「影」を別々に考えるのではなく、組み合わせたり、応用したりして、独自の世界を作り出すのもひとつの方法です。

気にしていると、ポスターやパンフレット、テレビや映画など、いろいろなところでこの3種類の視点が使われています。

よろしければ、お試しください。




写真の視点

「窓」はこちらからどうぞ

「鏡」はこちらからどうぞ





写真集「島いぬ え!? 私って犬だったの? 」

写真集「しまなみライフ」




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村





No.1837 / 撮影講座 // PageTop▲

<<Prev Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。